ルイボスティーで美肌対策

ルイボスティーには美肌効果があると言われていて、女性を中心にとても高い人気が集まっています。 ノンカフェインですし、寝る前に飲むには最適ですから、是非毎日飲んでキレイな肌を目指したいですね。

Example pic

[ルイボスティーサイト]
ルイボスティーの効果・効能

シミの原因をカット

ルイボスティーには抗酸化作用が強いので、肌の中で活性酸素が過剰に作用して、メラニンを生成するような行動を抑制してくれます。
肌に対する刺激から守ってくれるためには活性酸素も必要な作用ではあるのですが、いつまでも暴れ回られては正常な細胞まで傷ついてしまいます。
暴れる活性酸素から守るためにメラニンが作られるという悪循環を断つには、活性酸素にいい加減でおとなしくなってもらうしかありません。
年齢が進むと体内で自分のチカラで抑えこむのが難しくなりますので、ルイボスティーなどのチカラを借りるのは有効でしょう。

フルーツ酸が入っている

フルーツ酸と言えば、肌の古い角質を取り除く時のピーリング剤や、肌の汚れを取り去って美白する時のアイテムによく配合されている成分ですよね。
ルイボスティーには、アルファヒドロキシ酸というフルーツ酸の一種が含まれています。
直接肌に付けるわけではありませんが、飲むことで中から肌のターンオーバーを促進出来れば、美肌に近づけるでしょう。

抗炎症作用がある

肌のゆらぎは常に小さな炎症が起きていることが原因です。
うまく肌の状態をコントロール出来ないと、敏感肌になったり乾燥肌になったりして美肌とは程遠くなってしまいますね。
ルイボスティーには抗炎症作用のあるケルセチンという成分が含まれています。
これはアトピー性皮膚炎にも有効性が期待されている成分で、肌にとってはとても良い成分。
入浴剤などにも使われる成分ですから、是非期待したいですね。



ルイボスティーの飲み方

ルイボスティーの飲み方には何かコツがあるのでしょうか。
せっかく飲むなら、是非一番良い方法で飲みたいですよね。
また、飲む時に量については、何か注意すべき点がないかどうかも気になるところですね。


Example pic

ルイボスティーの飲み方

ルイボスティーは、茶葉で飲むときには、しっかり煮だして飲むのが良いとされています。
漢方などでもそうですが、お湯に浸して飲むという感覚ではなく、しっかりと煎じて飲むという感覚でしょう。
本来はお茶はみんなそうして飲むもので、ちゃんと淹れたお茶は本当に別モノのように美味しいですし、色も香りも格別になりますよね。
ルイボスティーも、是非じっくり10分から30分ほど時間をかけて煎じて飲むようにしましょう。

たっぷり飲む

1日に飲む量は特に決まっているわけではありませんが、せっかく飲むなら1リットルくらいしっかり煎じて、少しずつ飲み切りたいですね。
求める効果がある場合には、毎日少なくともコップに3杯くらいは飲んだほうが良いと言われています。
すぐに効果が実感出来るわけではありませんが、早い人は1週間もしないうちに便秘が解消したり、体調が良くなったりするようですよ。

ティーバッグなどでも

最近ではドラッグストアやインターネット上でもティーバッグなどで簡単に飲めるルイボスティーがたくさん販売されていますよね。
その場合にも出来ればゆっくり成分を染み出させてから飲みたいですね。
出来れば冷水よりは煮だしたほうがおすすめですが、ポットに入れて冷蔵庫で時間をかけて水出ししても夏場は良さそうですね。


ルイボスティーは、収穫してからあまり時間が経つと成分が失われてしまうと言いますので、茶葉は消費期限が短く、直近で出荷されたものを選ぶのが良いでしょう。
また、煮出したり水出ししたりしたものも、ずっと置きっぱなしにするのではなく、なるべくその日に飲み切ってしまいたいですね。
せっかくたくさんの成分が含まれているのですから、是非余すところなくいただきたいものです。